バストアップ

『バストアップ』では、バストアップ方法をご紹介しています。バストの悩みを解決して、憧れのバストを手に入れましょう♪

バストアップの費用

バストアップのための豊胸手術を行う場合、費用はどれだけかかるのでしょうか?豊胸手術の場合、はっきりとした費用が設定されているケースは少ないでしょう。なぜなら、その手術方法にも異なりますし、クリニックによっても異なるからです。また、個人によっては麻酔の効き目具合や、薬の量も異なりますので、一律に値段を設定することができないようです。ここでは、目安としてバストアップ手術にかかる費用をご紹介します。参考程度にご覧ください。また、詳しいお値段は直接クリニックに問い合わせて確認しましょう。

人工物挿入法

人工物挿入法は、バストに挿入する人工物によっても値段は異なりますので、一概には言えませんが、おおよそ70万〜100万円が相場のようです。 その中でも一番安い人工物は、生理食塩水バックです。バストアップの施術がおおよそ70万円前後で行えるようです。しかし、どの種類の人工物を選ぶかは、バストの大きさや体型、希望するバストの形によっても異なりますので、しっかりと担当医師と相談してから決めましょう。また、それぞれに特徴やリスクがありますので、そちらもきちんと説明してもらい理解した上でバストアップへの施術を行いましょう!

脂肪注入法

脂肪注入法は、人工物挿入法に比べると比較的お手ごろな価格で施術が行えます。脂肪吸引費と脂肪注入費で、おおよそ60万〜80万円が相場のようです。脂肪吸引費は、どの部分から脂肪を吸引するかにもよっても異なりますが、約30万〜40万円。脂肪注入費は、同じく約30万〜40万円です。それぞれクリニックによって設定金額が異なりますので、詳しくは直接クリニックへお問い合わせください。クリニックによっては、脂肪吸引の部位によって費用が設定されているところがあります。また、部位によっては、脂肪注入とセットで割引になる場合もあるようなので、事前に情報収集しておいたほうがよいようでしょう。

ヒアルロン酸注入法

ヒアルロン酸注注入法は、上記の2つのバストアップ法に比べるとぐっとお安くなっています。なぜなら、施術は注射だけなので、時間と費用があまりかからないというわけです。まさにプチ整形ですね。お値段はやはりクリニックによっても異なりますが、SUB−Qと呼ばれるヒアルロン酸は、1ccで約4,000〜5,000円が相場のようです。注入する量によって値段が変わってきます。一般的に1カップサイズアップに必要な量は片胸で50〜70cc必要とされています。AカップからBカップへバストアップを希望した場合、両胸で約40〜50万円かかるという計算になります。

費用だけで決めてはいけません!

バストアップのための豊胸手術を行う場合、費用だけでクリニックを選んではいけません!費用も確かに大事ですけれど、保険の利かない美容整形において安全はお金で買うといってもおかしくありません。安ければ安いだけの理由があるはずです。値段だけを見て安いほうに飛びつくのではなく、しっかりとその内容を確かめてから決めるようにしましょう。

また、アフターケアやもしもの場合はどう対処してくれるのか、保証制度もきちんと確認しておきましょう。クリニックによってはアフターケアは別料金となっている場合があります。また、カウンセリングもクリニックによっては料金が発生する場合がありますのでまずはクリニックに問い合わせてみることをおすすめします。決して費用の面だけで選んではいけませんよ!!

提示されている費用に含まれるべき内容

クリニックによってその提示されている料金に含まれる内容が異なります。主に以下の内容がきちんと費用に含まれているかどうかをチェックしましょう。

■カウンセリング代
■人工物代、脂肪吸引・注入代、ヒアルロン酸代
■麻酔代
■診察代
■アフターケア代
以上は料金に入っているべき項目です。また、術後に出す薬代などは、ほとんどの場合別料金のようなので、事前にチェックしておきましょう。

2017/3/30 更新

Copyright(c)2008 バストップ. all rights reserved.